テーマ:小説

~77コマ目~     大物獲物!

ざぁっぱぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~んっっ!!! ゆき「きゃあぁぁぁぁ!!」 スクワット「なんだこれ?魚じゃねぇ!」 ???「はぁっ、はぁっ、助かった・・・・。」 ゆき「あわわわわ・・・ごっ、ごめんなさい!」 ???「え?なぜ謝るの?私を助けてくださったのに?」 スクワット(・・・どこかで聞いた声だ・・・。…
トラックバック:0
コメント:264

続きを読むread more

~76コマ目~     初めての共同作業

~河口~ バシャシャシャッ! ゆき「おっしゃぁーーーっ! またキングサーモン! スクワットがいると大きな魚がかかりやすいのよ!」 スクワット「あっ・・・・そぅ・・・・・。」 ゆき「うわぁ・・・5匹も釣れた! よしっ、もう1回!それっ!」 ひゅっ、ポチャンッ スクワット(しっかしこいつもうめーよな…
トラックバック:32
コメント:296

続きを読むread more

~75コマ目~     眠れぬ男のスクワット

ナレーション「晴れ渡る青空、鳥のさえずり、気持ちのいい風・・・ そぅ、スクワットが気付いたときにはもぅ朝であった。」 スクワット「・・・どうしよう、なんだかんだで一睡もできなかった・・・!」 今日の午後が約束の時間。 まだ午前だから、時間はある。 スクワット「ならもう1度寝てみよう!」 しかし・・・ ス…
トラックバック:12
コメント:305

続きを読むread more

~74コマ目~     マスターからのプレゼント

スクワット「インスタントコーヒー?」 マスター「えぇ。このお店で使っている豆です。 特別にピジョンミルク粉末もお付けいたしました。」 スクワット「ありがとよ、久しぶりだなぁ・・・ サイフォンどこやったっけなぁ・・・。」 マスター「クルックー!なんと、サイフォンとはいいものをお使いですね。」 スクワット「まぁな…
トラックバック:14
コメント:280

続きを読むread more

~73コマ目~     新メニュー

パーチク「持ってきたわよ!」 マスター「あぁっ!お待ちしていました。 いやぁ、わざわざありがとうございます。」 アザラク「いいのよ、これって趣味なんだし。 あ、マロンモンブランに木苺タルトね。」 マスター「クルックー・・・助かります。」 スクワット「お、お前ら?なんでケーキなんか作ってるんだよ?」 マス…
トラックバック:9
コメント:500

続きを読むread more

~72コマ目~     喫茶店にて・・・。

スクワット家 スクワット「はぁ~・・・。っつったってどうすればいいんだよ! ・・・俺・・・喫茶店なんかいかねぇしなぁ・・・でもなぁ・・・。 こーゆーのって下見が大事って言うよなぁ~・・・さりげに お勧めメニュー知ってるとか!ってんなんだそりゃ・・・。」 んで、結局。 ~博物館前~ スクワット「確…
トラックバック:38
コメント:493

続きを読むread more

~71コマ目~

スクワット「はぁっはぁっはぁっ・・・くそぉ・・・すっかり忘れてたぜ!」 ダダダダダダダ・・・ スクワット「ヒィヒィ・・・あぁ、こんなんじゃ失格かな・・・。」 マーサ「なーにがぁー?」 スクワット「ゲェッ、マーサ!お前いつからそこに・・・」 マーサ「だめだなぁ、スクワットちゃんは。 何に悩んでんのか知らない…
トラックバック:6
コメント:500

続きを読むread more

*祝*~70コマ目記念雑談会~

スノーベル「こんばんは。皆様のおかげでこの小説も ラッキー7に入りました!77の時はまた雑談会やろうかなー・・・ なぁんて思ってます。」 3号「ぞろ目雑談会ぃ?やめときなよぉ、キリが無いもん。」 スノーベル「えぇっ!何でここにいるのさ?」 3号「だって呼ばれたもん。」 スノーベル「えっ、は・・・?そうだっけ・…
トラックバック:6
コメント:500

続きを読むread more

~70コマ目~     アドバイスを求めて

スクワット「・・・とは言ったものの・・・。一体何すりゃいいんだよ・・・。」 ・・・うぅんと・・・えぇっと・・・。 あ・・・あれ?なんだかこんがらがってくるぜ・・・畜生・・・。 スクワット「だぁーっ、ダメだダメだ!こんな事考えた事ねーもん! 俺の頭の方が爆発しそうだ・・・。 しかしあれだなー・・・経験してねぇんだからわか…
トラックバック:13
コメント:500

続きを読むread more

~69コマ目~     スクワットの爆発

スクワット家地下 スクワット「ひぃっ、ひぃっ・・・。ハァ~・・・びっくりした・・・。 ったく、服なんかつかみやがって・・・。」 ・・・思い出すだけで・・・なんていうんだ? えと・・・その・・・ ・・・「キュン」? スクワット「んなぁぁぁぁーーーーっ!!! 何ときめいてるんだ俺は! むむむ・・・。こんなときは武…
トラックバック:8
コメント:500

続きを読むread more

~68コマ目~     村長茶の秘密

ゆき「辛っっ!! 何これ?口の中がヒリヒリするよぉ!」 スクワット「何ぃ?! ちょっと待っとけ、今すぐ水汲んできてやるからな!」 ゆき「い、いいよスクワット、寝てなって!」 スクワット「だぁーっ!いいんだよこれくらい! そんなに俺は弱かねぇやい!」 ゆき「だーめっ!おとなしくしてなきゃ! う、うわわぁぁぁ…
トラックバック:7
コメント:500

続きを読むread more

~77コマ目~     恋煩い?!

村長「ふぇっふぇっふぇ!自然なことじゃよ。 若いもんは青春に1度はかかる病気じゃ! 医者も頼りにならん厄介なものでのー・・・。 治せるのは自分しかいないのじゃ。」 スクワット「それって・・・つまり・・・?」 村長「この胸の疼きを自力で治めるか、 もしくは告白するなりで煩いを消し去るか・・・。 2つに1つ。 まぁ玉…
トラックバック:7
コメント:500

続きを読むread more

~66コマ目~     亀の甲より年の功

ガチャッ スクワット「そ、村長!」 村長「ふぇっふぇっふぇっ。 どうじゃスクワット?気分は?」 スクワット「あぁ・・・まだあんまり。」 村長「じゃろうな。ほれ、これを煎じて飲むといい。 大丈夫!わしの爪垢じゃないぞ。」 スクワット「お・・・おぅ・・・。」 ゆき「私が入れてきてあげる。待ってて!」 …
トラックバック:25
コメント:301

続きを読むread more

~65コマ目     通じた思い~

ゆき「スクワット!」 スクワット「ゆき!」 ナレーション「重い沈黙を破るようにゆきが駆け込んできた! まるで思いが通じたかのように・・・。」 ゆき「どうしたの?昨日からずっと姿見せないでサ・・・。 何があったのよ?」 スクワット「へへへっ・・・。 ちょっと質の悪ぃ風邪にかかったみてぇでな。 しばらく寝込ん…
トラックバック:23
コメント:277

続きを読むread more

~64コマ目     スクワットの引越し~

ナレーション「あんなどたばたもありましたが粉雪村は 至って平和です・・・。そぅ、この人のおかげで・・・。」 スクワット「さて、と!狭いテント暮らしとはおさらば! ちゃんとした家に住めるぞ!」 ナレーション「彼の名はスクワット。 現役の兵士である。武器の扱いは研ぎ澄まされ、 何事にも動じない不動の山のように・・・」 …
トラックバック:11
コメント:142

続きを読むread more

~63コマ目     若かりしたぬきちの夢~

ロザラク「あの、つかぬ事をお聞きしますが・・・ そのタイムマシンって何ですか?」 アザラク「時間を自由に行き来できる機械よ。 未来に行ったり過去に行ったりできるの。 まだ科学が進んでないから今は作れないんだけどね。」 スラワット「だから昔の粉雪とつながっているんだね。」 たぬきち「完成したはしたんだなも・・・でも…
トラックバック:18
コメント:277

続きを読むread more

~62コマ目     粉雪(こゆき)&粉雪(こなゆき)村オマケ編!~

~~~たぬきデパート内~~~ たぬきち「へぇ!150万年前の粉雪村に飛ばされただなもか!」 ゆき「そうなのよ!でねぇ、あんな事やこんな事が・・・」 つぶ「ティラノサウルスに襲われた!すごいですね!」 まめ「地形がこことそっくりなんですね!」 アザラク「本当にもぅ、びっくりしたわ!」 マーサ「・・・で、…
トラックバック:12
コメント:500

続きを読むread more

~61コマ目     父がくれたもの~

スクワット「これは・・・アルバム?」 父「だいぶ薄汚れてしまったがな。 お前も勿論写っている。そして・・・御袋もな。 俺の若いころもあるかもしれないな。」 スクワット「・・・ありがとよ。一生大切にする。」 父「ふふふ・・・では、さらばだ。」 ナレーション「スクワットが瞬きして目を開けた時にはもう 父の姿は無…
トラックバック:35
コメント:498

続きを読むread more

~60コマ目     父~

スクワット「うっ・・・くっ・・・何なんだ?」 ???「スクワット・・・スクワット!」 スクワット「ぁん?誰だ?!」 ナレーション「スクワットはマシンガンを 見えない相手に突きつけた!」 ???「すぐに武器を向けたがるのは昔の私にそっくりだ。 スクワット。戦士は血走ってはならないぞ。」 スクワット「・・・…
トラックバック:15
コメント:148

続きを読むread more

~59コマ目~     決断の時

~深夜・粉雪村櫓にて~ ナレーション「ここはゆきとアザラクが 泊まっている場所である。」 ゆき「う・・・うぅん・・・。」 アザラク「すぅ・・・すぅ・・・・・・。」 スクワット「・・・。」 泉じいや「・・・。皆子供のような寝顔じゃ。 健やかな事は何よりだ。 ・・・しかし・・・ おぃ、ゆき、アザラク、ス…
トラックバック:8
コメント:276

続きを読むread more

~58コマ目~     十字傷の過去

セツ「お・・・お前!」 十字傷{あぁそうさ。お前の憎いティラノサウルスさ。} セツ「お前・・・喋れるのか?」 泉じいや「わしじゃ。わしが一時的に翻訳しておる。」 ゆき「ふぅ・・・なんとか間に合ったみたいね。」 粉雪村一同「!! 村神様! あぁありがたや!会えるとは何たる光栄! ははぁぁぁ~~~~っ・・…
トラックバック:11
コメント:500

続きを読むread more

~57コマ目~     戦場の貴公子達

スクワット「戦いを有利な方向へ導く・・・。 習わなかったのか?戦士として当然の事だ。」 アザラク「スクワット! スクワット「久しいな。ゆき、アザラク。 しかし今は再会を喜んでいる暇はない。 来るぞ!」 セツ「おぅ! 十字傷「グワァァァァァァァァ!!!」 ドゴォッ ナレーション「十字傷は地面にしっ…
トラックバック:4
コメント:143

続きを読むread more

~56コマ目~     十字傷とセツ。

十字傷「グアアアアア・・・」 セツ「う・・・何だ?この気迫?この隙の無さ・・・。」 ナレーション「突然十字傷はそのまま止まったまま動かなくなった。」 ゆき「何?死んだの?」 ナンバー3「否、死んでない・・・。」 メカチャ「だけどこれって・・・。」 スラワット「攻撃してくださいって言ってるようなものじゃ…
トラックバック:8
コメント:324

続きを読むread more

~55コマ目~     村長

ナンバー3「く、来るぞ!」 メカチャ「うわあぁぁ!」 スラワット「気をつけて!焦らないで!よく見るんだ! 相手の攻撃の筋を・・・!」 セツ「攻撃の・・・筋・・・?」 ナレーション「セツは今、さっき怒らせたティラノサウルスではない 別のティラノサウルスの相手をしていた。」 セツ(読むんだ!太刀筋を・・・。…
トラックバック:21
コメント:500

続きを読むread more

~54コマ目~     攻撃機開始!

ゆき「いっけぇ~!小枝、石投げ攻撃!」 マルサ「そぉ~れ、そ~れぇっ!」 ペーチク「えぇい!当たれっ!」 ひゅんひゅんひゅん スカッ ポロッ スコッ ロザラク「案外当たらないものですね・・・。」 アザラク「下手な鉄砲も数うちゃ当たるわよ! ぐぐぐぐぐぅ~っ・・・。このパチンコがなかなかうまく・・・ …
トラックバック:18
コメント:305

続きを読むread more

~53コマ目~     ティラノサウルスがやってきた!

~帰り道の途中~ アザラク「・・・って言われてもどうすればいいって言うのよ!」 ゆき「本当だよね・・・絶望的・・・。だって私、力強くないし、 特に特殊能力とか無いし・・・。 その点アザラクは{アザラクハイキック}が使えるじゃん。」 アザラク「何言うのよ!あれだって限度があるわ! ましてやティラノサウルスだなんてと…
トラックバック:14
コメント:357

続きを読むread more

~52コマ目~     戻れる・・・??!

~再び滝~ ゆき・アザラク「泉じいやさぁ~ん!」 ざっぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーん! 泉じいや「ほぇ?呼んだかの?」 アザラク「(石造からじゃなくて滝から出てきた?) 泉じいやさん!よかった~・・・。」 泉じいや「ほょ?お前さんらこの時代者もではないのぅ?」 ゆき「そ、そうなのよ!それで…
トラックバック:6
コメント:141

続きを読むread more

~51コマ目~     激似疑惑急浮上!

ナレーション「ゆきはこの事をアザラクにすべて伝えた。」 アザラク「やっぱり?ゆきちゃんもそう思う?似すぎてるわよね・・・。」 ゆき「川のねじれ具合も、池の位置も全く同じだし、ため池の数も一緒だわ! と、いうことは・・・?」 アザラク・ゆき「海も同じ?! アザラク「ねぇ、ちょっと海をのぞいてもいいかしら?」 …
トラックバック:9
コメント:283

続きを読むread more

~50コマ目~     疑惑

~滝~ セツ「どう?案外立派だろ?」 ゆき「うん、うちの村のより少し大きいなぁ・・・。!! ちょっ、ちょっと!アザラク!」 アザラク「何よ急に?どうしたのよ?」 ゆき「滝の裏!見て!」 アザラク「全く何よ~・・・!! あ、あれは泉じいや!!?」 ナレーション「2人が見たものは確かに粉雪村にあるのと全く…
トラックバック:12
コメント:391

続きを読むread more

~49コマ目~     似てる?

*雪鈴のミスです!* 前回の一番最後のナンバー3の台詞、間違えました・・・ 無視してください。 では、引き続き小説をお楽しみください・・・。 ナンバー3「そうだ!お前らここに来たばっかりだろう?だったら散歩でもして来いよ。」 メカチャ「そうだね。しばらくここにいるかもしれないし・・・。」 村長「なるほどな。お…
トラックバック:17
コメント:398

続きを読むread more